クレカを現金化する際の確認事項

HOME » コツと裏技 » クレカを現金化する際の確認事項

クレカを現金化する際の確認事項

クレカのショッピング枠現金化業者へ申し込みをする前には、いくつかの確認事項があります。
まずは現金化という行為自体のリスクです。
カード会社で禁止とされているショッピング枠の現金化を行うため、カード停止などのペナルティのリスクがあります。

次にクレカ現金化業者の口コミを確認すること。
比較サイトも多数存在するため、色々と調べているといくつかの現金化業者に絞る事が出来るでしょう。
換金率だけで判断をせず、業者の評判や問い合わせ時の対応なども確認が必要です。
問い合わせで対応を確認するという作業は面倒であると感じる方も多いのではないでしょうか。
しかし、現金化業者選びは非常に大切な作業です。
悪質な業者に申し込みをしてしまえば、問い合わせ以上に面倒なトラブルに巻き込まれる可能性が高いのです。

これらの確認事項を忘れずにチェックする必要はあります。
しかし、最も重要な確認事項はクレカのショッピング枠の残高です。
自分が所有しているクレカの残高は当然に把握していると考えてしまうものです。
実は、意外にも残高が残っていないというケースが多いです。
もしも20万円の現金が必要な場合、ショッピング枠の残高は20万円以上でなければいけません。
現金化業者を利用する場合でも、自分で現金化を行う場合であっても、換金率は100%にはならないのです。
ショッピング枠の残高は現金化する金額を決めるためにも重要な確認事項です。
しっかりと確認を行わなければ、トラブルが起こる場合もあります。

最も多いトラブルは、カード決済を行うことが出来ないというものです。
ショッピング枠の残高を確認せずに申し込みを行ってしまうと、カード決済を行うことが出来ず、結果的に現金を手に入れるまでの時間が掛かります。
クレカの現金化を行うケースは、すぐにでも現金が必要な時でしょう。
残高不足が原因となり、現金を手に入れなければならない時間に現金化が完了しないというトラブルが起こります。
そのため、残高照会は重要な確認事項なのです。