クレカ現金化で換金率を100%にする裏技

HOME » コツと裏技 » クレカ現金化で換金率を100%にする裏技

クレカ現金化で換金率を100%にする裏技

急に現金が必要になったシーンでは、クレカのショッピング枠現金化サービスを利用する方も多いのではないでしょうか。
クレカのショッピング枠を現金化する方法は様々。
買取方式とキャッシュバック方式は一般的ですが、Amazonのギフト券を買い取るという方法まで主流になっています。

しかし、現金化業者を通した場合、非常に低い換金率になる場合もあります。
現金化業者を通した場合、換金率は高い場合でも90%程度でしょう。
可能な限り高い換金率で現金化を行うためには、自分で行う現金化の裏技を利用することがおすすめです。
換金率100%を目指す方法は、非常にシンプルな方法です。

まずは、手にしたい金額分の買い物をします。
これは現金化業者を通した場合と同様ですね。
買い物をする場所は、ブランドショップではなくスーパーなどがおすすめです。
大型のスーパーであれば、食品だけではなく衣類や家具まで揃っているため、高額の現金化も実現できるでしょう。
次に、購入した商品を返品します。
返品を申し出ると、クレジットカード決済の場合は現金での返金となるのです。
当然、全額返金されるため換金率は100%ということになります。

クレカで買い物をして返品するという方法には、注意したいポイントもあるのです。
まずは返品を申し出るタイミング。
クレジットカード決済を行った日には、カード会社に情報が送信されていません。
そのため、単純にカード決済を取り消すという作業が行われるだけであり、現金で返金されることは無いのです。
カード会社にもよりますが、情報が送信されるまでには3日程度の日数が必要になります。
カード会社に送信された後であれば、お店側は現金での返金を行うことになります。
買い物をした当日に返品をしないよう、注意が必要です。
また、何度も同じお店で返品を申し出ないようにしましょう。
お店側から疑われてカード会社に伝われば、カードの利用停止などの措置が取られる場合もあります。

カード決済後の返品という裏技を利用することで、換金率が100パーセントになります。
ただし、お店に対する迷惑行為になるため、基本的には現金化業者を通して行いましょう。