クレカ現金化の手数料とは

HOME » コツと裏技 » クレカ現金化の手数料とは

クレカ現金化の手数料とは

クレカ現金化業者を利用した場合に支払う必要がある手数料。
これは還元率から引かれる金額です。
手数料について、どの程度の数字にしなければならないという決まりはありません。
そのため、業者ごとに還元率の高さ、つまり手数料の低さを競っているのです。

手数料については、現金化する金額によっても異なります。
また、利用するクレジットカードのブランドによっても異なる場合があるのです。
JCBやアメックスカードなど、国際ブランドのカードを利用する場合は手数料が高くなるケースがあります。
しかし、これら国際ブランドのカードを扱うことが強みになる場合もあるため、ホームページなどでは大きく記載されている場合もあるのです。
基本的に国内ブランドのクレジットカードは扱いやすいため、通常の手数料に加えて別途手数料がかかるケースは少ないでしょう。

現金化業者を利用する場合の手数料は、事前にしっかりと確認を行う必要があります。
トラブルとして多い例は、実際に振り込まれた現金が還元率に合わないというもの。
業者に問い合わせをしてみると、手数料の名目で差し引いたというケースが多いのです。
事前に還元率とは別に必要となる手数料の金額を確認しましょう。

自分で行う場合の手数料は、中古買取専門店に支払う金額です。
ブランド品を質屋に買い取ってもらう場合、金券を金券ショップに買い取って貰う場合など、実際に購入した際の金額よりも低い金額になります。
買い取ってもらう商品によっては、現金化業者へ支払うよりも安い金額になる場合があるのです。
自分で行う際には換金率の高い商品を購入するため、現金化の事実がカード会社にバレてしまうリスクも高くなります。
しかし、手数料を抑える点だけを重視するのであれば、自分で現金化を行った方が良いケースが多いのです。
人気のある商品をリサーチする手間や、転売の手間もかかります。
少しでも多く現金を手元に残したいのであれば、自分で行う現金化という方法も視野に入れておきましょう。