クレカ現金化の還元率とは?

HOME » コツと裏技 » クレカ現金化の還元率とは?

クレカ現金化の還元率とは?

クレカ現金化を行う際に重要となる還元率。
自分で行う場合にも、還元率が良い商品を購入、転売するという方法が有効です。
さらに現金化業者によっても還元率は異なり、還元率の高いクレカ現金化業者は人気となります。
クレカ現金化業者を利用する場合、還元率は非常に重要なポイントになるのです。

そもそも還元率とは、ショッピング枠を利用した金額に対して、どれほどの現金を手に入れることが出来るのかという数字です。
還元率の計算方法は、「手に入れることが出来る現金÷ショッピング枠利用額」となります。
例えば、手に入れたい金額が9万円であった場合でショッピング枠を利用したカード決済額が10万円であった場合、「9万円÷10万円=0.9(90%)」です。

クレカ現金化の還元率は、現金化業者を選ぶ際に重要視されるポイントです。
ショッピング枠を利用することで、当然カード会社には利用した金額を支払わなければなりません。
還元率が低い場合、手に入れることが出来る現金は少なく、カード会社に支払う金額が多くなるため損をします。
クレカ現金化に申し込みを行う利用者の立場では、還元率は高いに越したことはありません。
しかし、クレカ現金化業者の立場では反対になります。

クレカ現金化業者にとっての還元率とは、利益になります。
そのため、還元率が低ければ低いほど利益は増えるのです。
還元率に関するトラブルは多く、高い還元率を謳いながら実際には半分ほどの還元率であったというケースも少なくはありません。
唯一の利益である部分を、あえて低く設定する現金化業者は居ないと考えて良いでしょう。

還元率の高さだけを売りに文句にしている現金化業者には注意が必要です。
中には98%と謳う業者もありますが、高い還元率は「最大」であり、非常に高額な現金化を行わなければ80%程度が一般的です。
1回の現金化で20%も手数料が必要になるという事でもあります。
金利で考えた場合、非常に高金利となる点を忘れないようにしましょう。