現金化を自分で行う方法

HOME » コツと裏技 » 現金化を自分で行う方法

現金化を自分で行う方法

クレジットカードのショッピング枠現金化は、専門業者を利用せずに自分で行うことも可能です。
いくつかの方法が存在するため、注意点と合わせて紹介します。

最も一般的な方法は、新幹線の回数券を転売する方法。
しかし、現在では2セット以上購入する場合にはクレジットカードの利用を停止し、現金のみとしているケースが多いのです。
購入時には身分証明書が必要なケースもあり、大きな金額の現金を手にする事が難しい方法となっています。

最新のゲーム機や家電製品の転売も換金率が高いため、自分で行う方法としては有効です。
新品・未開封の状態で買い取ってもらいましょう。
特にゲームに関しては、中古販売店で購入する方が非常に多いため買取金額も高額になります。
最新のゲームソフト、ゲーム機であれば新幹線の回数券よりも高い換金率で転売が出来るでしょう。
しかし、入手することも困難な場合があるため注意が必要です。
また、同じ商品をまとめてクレジットカード決済するという行為は現金化を疑われるため、それぞれ1点のみにしましょう。

Amazonギフト券などのインターネット通販で使用可能なギフト券を転売するという方法が有名になりつつあります。
公式サイトで購入が可能です。
しかしオークションに出品されていることも多いため、多少でも安く購入してAmazonギフト券の買取専門店に転売をしましょう。
Amazonギフト券を扱う業者は増えていますが、悪質な業者も多いため注意が必要です。

クレジットカードショッピング枠の現金化をカード会社に疑われた場合、カード利用停止となります。
ペナルティまでの判断材料や監視体制はカード発行元によって異なり、どの行動でカード停止となるのかは予想が出来ません。
万が一クレジットカードが利用停止となった場合にも、現金化などの不正な利用ではないと判断されると解除されます。
クレジットカードの現金化にはリスクが付きものであるため、カード会社からのペナルティは覚悟しておきましょう。